建設 戸建て

  

家具をそろえる

工事の風景

おしゃれな家を作るためにはおしゃれな家具が必要になってきます。そうした家具を購入することで、住宅の中が一気に明るくなります。また、おしゃれな家具は機能も兼ね備えているものも多く存在しています

詳細を確認する

性能表示制度

一戸建てと庭

新築一戸建て住宅には、住宅の性能表示制度と呼ばれる制度があります。これは、新築一戸建て住宅にかんする様々な性能を表示しなければならないという制度で、住宅の品質を確保するために行なわれる制度です。

詳細を確認する

リスクを回避

図面と家の模型

賃貸住宅を建築して経営を考えている場合には、土地を購入するよりも不動産賃貸した方がいいです。物件の差別化が利益を伸ばすことにもつながるので、人口減社会でも生き残れる可能性があります。

詳細を確認する

お得に購入するために

腕を上げる作業服の男性

中古物件は、お得に購入するための方法が存在します。日本では、住宅購入の際に多くの選択肢が存在しているので、そうした選択肢をしっかりと把握して物件を購入することでお得に購入できるのです。

詳細を確認する

内覧会に参加

おしゃれなリビング

新築物件には、内覧会と呼ばれるものが存在します。内覧会は、実際に購入予定の物件がどのような物件かを目で確認することができるもので、実際に目で確かめる事で、どのような物件かをしっかりと把握することが出来ます。

詳細を確認する

中古物件のメリット

フローリングの部屋

中古一戸建てと一言で言っても、築年数によって購入、賃貸の状況は大きく変わってきます。築数年の中古一戸建ては、新築に近いものですので、少しでも安く新築並みの一戸建てを手に入れたい方にとってはいい物件です。 一方、築年数が10年を過ぎた中古一戸建てでも、狙い目の物件はあります。 築20年から30年程度の物件で、建物に異常がない場合は、新築に拘らない方にとっては非常に魅力的な物件になります。一戸建てですので部屋数もあるため、複数で住むことも可能です。最近はやりのシェアハウス感覚で、若者が住んでいるケースも少なくありません。 また、購入した場合は、好きなようにDIYなどでリフォームすることも可能なので、そういった暮らしが好きな方にとっては、非常に魅力的な物件です。

不動産価格は、一部上昇傾向にあると言われていますが、中古一戸建てでも、人気地区の物件は上昇傾向にあります。築年数により建物の評価額は目減りしていきますので、住み替えなどを考えている方は築数年で売却することをお勧めします。 築20年を超える中古一戸建てになると、販売価格はほとんどが土地の値段になっているため、同地区の新築物件の半値以下で購入することも可能です。新築に拘らない方にとっては、購入負担も少なく、快適に暮らすことができるでしょう。 賃貸の場合でも、築20年から30年程度で建物に異常がない物件の場合は、賃料が安いためとてもお得です。貸す側も、更地するにも費用がかかるため、現状維持をするために賃貸している場合が多く、同地区の賃貸マンションよりも、かなりお得な賃料になっています。